前へ
次へ

不動産の売買で納得できない価格での話

不動産の売買では個人間同士の取引がけっこうあり、間に専門業者が仲介することで成り立つケースがあります。
個人間なので互いに自由な価値観で取引ができますが、さすがに高すぎる価格では売るのは難しく法外な安さで購入するのも難しくなります。
安すぎるときは掘り出し物ではなく何らかのわけがあると考えた方が良いでしょう。
良い業者が仲介してくれる時はそれなりに希望に沿った販売価格や購入価格を提示してくれて希望に合った売主や買主を探してくれます。
不動産を売買するに当たって売り手としてはできるだけ高く売りたいと考えるかもしれません。
自分なりに近辺の相場情報を確認してあまり高すぎない価格に設定しようとしたところ、業者はその価格で売るのは難しいと言ってくることがあります。
確かに業者のアドバイスは聞いた方が良い時もありますが、納得できないなら別の業者にも聞いてみるといいでしょう。
他の業者も同じように言うなら高過ぎるときもあります。
ある業者しか高いと言わないなら叩かれているのかもしれません。

Page Top