前へ
次へ

不動産を所有するか売買取引で処分するか

土地建物などの不動産を相続した場合に頭を悩ます二つの大きなポイントとなるのが、活用できるのかと言う事

more

今流行りの不動産売買

住宅をプロデュースするサポーターの存在は不可欠で、お金のこと、設備、インテリアにまで携わります。

more

不動産売買の際に必要な仲介手数料

不動産の売買は個人で行うことはほぼ考えることができないでしょう。
一般的には専門業者を介するこ

more

不動産売買にかかってくる税金

不動産売買を行う際に大きな出費になるのが税金です。
不動産取得税や固定資産税なども支払う必要が出てきますが、もっと身近なところで考えた場合、消費税のことがあります。
消費税率がアップすると不動産という大きな買い物をした際には、売買をする時期によって総支払額が大きく変わってくる、ということになってしまいます。
ですから。
出来るだけ消費税率がアップする前に売買を行ったほうがよいでしょう。
どの時期に購入をするべきなのか、ということもしっかりと吟味をする必要があります。
また消費税率アップのこと以外にもオリンピック前後で価格が大きく変わると予想されています。
ですからどのタイミングで売買をするべきなのか、フィナンシャルプランナーなどに相談をしてみるとよいでしょう。
そうすることによって適切なタイミングで対応をすることができるようになり、損をすることを避けられるかもしれません。
タイミングを計るというのはとても大切です。

ペットと一緒に住みたいを叶えるアンサー倶楽部
北九州でペット可のマンションをご案内しています

住宅ローン 神奈川
センチュリー21にお越しください

橿原でオリジナルの注文住宅建設
お客様のご要望をお聞かせください

Page Top